« 物品の見定め方、その価値について | トップページ | 香りを纏う楽しさ »

鉛筆、買っとこう

お出掛けキャンセル。

家族に病人が出たから。

風邪だけど、無理して出掛けて拗らせても良くない。

潔く、お出掛けはキャンセル。

房総に出掛ける予定にしていた。

上総に近かったと思う。

詳しい地名は忘れたけれど、鯉幟が無数に泳ぐ場所がある。

谷を挟み、対岸の高台と手前の高台にロープを渡して、その間に無数の鯉幟がはためき泳ぐ。

何条にも渡されるロープ。

8年ほど前に一度訪れて以来だったので、もう一度行ってみよう。

アクアラインの1,000円通行も間もなく終わってしまうし。

夷隅郡の大原に伯母が住んでいる。

蒲田にあった、伯父の経営する町工場を閉めて。

誰かの別荘だった建物を購入して移り住んだのが二十数年前のこと。

俺が上京して間もなく、ご挨拶に伺った。

高い天井に、薪ストーブ、広いオープンテラスから見える景色は絶景。

右側に緑の壁と呼んで良いほど草木の茂った崖があり、今の季節であれば、所々、五月の花が咲いている。

真正面には太平洋。

移りゆく季節ごとに見映えは変わるのだろうが、雄大なる風景画を備え持つ家。

伯父は、時々油彩を趣味で楽しんでいるようで、その一瞬の景色を何枚か書き残している。

伯母、伯父にも、長らく会っていない。

『じいちゃん』

まだ幼かった我が息子が、伯父に向かって話しかけていた。

お孫さんのいない伯母夫婦。

特に子煩悩だった伯父にとって、その息子の呼び掛けは特別な響きがあったようで。

どうも会いたい様子。

もう、すっかり口も達者になり、言うことを聞かない悪ガキなのだが…

今回は諦めた。

天気がすごく良いので、近所を自転車で一周して帰宅。

暫し、読書。

今は、『ライ麦畑でつかまえて』 の英文原書の単行本にトライしている。

まだ、英語思考の脳を持てていない。

英文=英語表現で脳に入りにくいので、どうしても電子辞書片手に…

日本語の単行本でやる、速読、斜め読み超特急のようにはいかない。

リニアモーターカーと、江ノ島電鉄ほどの進行の差がある。

一章読み終えたところで、お昼の料理を何にするか意識を切り替える。

ただ、まだ調理スタートするには早過ぎる。

朝が遅かったから。

ニンニクを1個取り上げて…

何にしようかな?

風景画なのに、伯父の油絵がなぜか頭をよぎる。

俺、随分と長らく絵を描いていないな。

学生時代、退屈な授業ほど、ノートの余白は大変なものになっていった。

ポイントだけノートに書き留めるのだが、余白は落書きだらけ。

Dessin 。

全部捨ててしまったけど、ノート見直したら、その授業が興味ある内容だったのか、退屈でたまらなかったのか…インデックス付きのように分かった。

一度、、同級生にノートを盗み見られたことがあった。

『へぇ!』

鉛筆探してみる。

濃いのがいい。

どうやら、Bが一番濃い鉛筆のようだ。

スケッチブックのようなノートあったっけ…?

真っ白に何も書かれていない一冊を見つける。

ニンニクを食卓テーブルに置き、サラサラと輪郭を描き始める。

Dscf0032

腕は確実に落ちているが、この程度ならば数分あれば描ける。

もっと濃い鉛筆、買うだけ買って持っておくかな。

きっと描く時間なくて無駄になるだろうけど…

かつて、某フランス有名ブランドの買取取引先バイヤーをしていた時代に、撮影不可の新作バッグの紹介と説明を Session の中で受けた。

俺がサラサラと Notebook にデッサンを書き留めていると、現地スタッフに止められた。

“Non! It is prohibited taking photos and picutures on new collections toward every buyers”

“But... I like your pictures. I was wondering if you could give me them taking apart your notebook ?”

“Sure! I feel it is better for me, I don't want to lose my admittance for this buying session”

“Here you are!”

そうして、絵を描いたノートのところだけを千切り取って手渡した。

その彼女、日本が好きで、いつか日本で働きたいと話していた、フランス人にしては小柄で、すごく可愛らしい顔をしたブロンドの女の子だった。 

それも、素直に渡した理由の一つだったかも(微笑)。

次の日、彼女に鶴の折り紙をあげたら、フレンチキスのお礼。チーク合わせる挨拶代わりのようなキス。

『テュ!』 

フランス語風のキス音に聞こえいささか驚きつつも、役得、役得。 もっと時間が許せば、折り方まで教えてあげてたかもね。

子供達のランチ作って、軽食済ませたら、鉛筆買いに行こう!

娘が茶道具欲しいようなので、ちょうど良い。

3Bくらいまで買っておこう。

きっと描かないけど。 

|

« 物品の見定め方、その価値について | トップページ | 香りを纏う楽しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/432974/34483869

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆、買っとこう:

« 物品の見定め方、その価値について | トップページ | 香りを纏う楽しさ »