« 鉛筆、買っとこう | トップページ | 詩って… »

香りを纏う楽しさ

業務の関係から海外に出張することが多かった。

この未曾有の不況のせいで、今の所属会社から出張を拝命することは無い。

十数年前の話だが、某フランス有名ブランドの取り扱い管理を、当時つとめていたデパートの上司から託された。

そのブランドのフレグランスを使うのが義務付け??になったのと、フランスへの出張が背中を押した。

それからフレグランス使いが習慣づいた。

最初のうちは、自分にどんな香りが似合うのか見当もつかなかった。

刺激的な香りは無理。

鼻の中の粘膜が人より敏感で、すぐにくしゃみが出るから。

一番最初は、『オレンジの緑(葉)から抽出された水』の意味を持つ柑橘系香水にした。

たまに冒険したくて、攻撃的な香りのするものも選んだりしたが、長続きしなかった。

爽やかな感じを受けるものを、無意識で選ぶようになった。

香り成分が強すぎる “Parfume” を購入する事は全くない。

“Eau de Cologne” は種類による。

“Eau de toilette” が殆ど。

数年来の愛用品である、ARMANI の “Aqua di GIO”。

切れそうになると、すぐにでも買いに走る。

俺にとって、不可欠な香り。

その他、数種類所有しているが、主に気持ちによって使い分けている。

TPOでも使い分けるが、『気持ち』によって選ぶ。

『Aqua』 を肌につけると、ほんのりとした爽やかな香りが残るので、ほぼ、オールマイティ。

ちょっと畏まった Party などの時は、Dunhil か Chanel を身につける。

お寿司や、繊細な和食を食べる時には、できるだけ香りが強く無いものにする。

20代の頃は何も分かっていなくて、女性と二人きりのデートなどの時、存在感のあるパンチの効いた香りを選んでいた。

一本だけ残っているが、もう使わなくなってしまった Hermes の “Rocabar” など、“Masculine!” これぞ男っ!! って、強烈な男度合いを演出していた。

だが、今は中性的なものか、爽快な香りしか身に纏わない。

その爽快さや、快適な雰囲気に包まれていたいから。

何も、強烈な『男らしさ』を、香りで演出するまでも無い。

そんなものは演出でなくて、生き方や考え方で示すだけで良い。

恐らく…想像だけど、選んだ香りが印象として根付いてきてる。

記憶に染み込んだ香りは、決して忘れられない。

香りが、忘れかけた記憶を揺り起こし、呼び戻す。

それほど香りは力を与えてくれるアイテム。

街で、すれ違いざまに鼻腔をくすぐる誰かの香り。

あの時の、あの女性の香り…

Scene へと直結する。

そこのあなた。

誰かにその記憶を呼び起こさせているかもしれないですよ!

いい加減な気持ちでは選べない。

香り選びにも、Sense は不可欠。

香りを自分のものとした時、ありきたりの日常が変わる。

何より、楽しくなる。

Dscf0036_2

種類減らしたけど、日常を楽しくupしてくれるフレグランス

 

|

« 鉛筆、買っとこう | トップページ | 詩って… »

コメント

あぁぁぁぁぁぁぁ~♪シャネルのエゴイストがあった(・∀・)ニヤニヤ

エゴイスト?エゴイストプラチナムでしょうか・・・?
私は女性ですが・・・プラチナムの方、学生時代に使用していました(・∀・)イイ!

今はもっぱら、エルメスのケリーカレーシュ。
夜のデートには、シャネルCOCOのパルファムを少し♪

男性がこんなに使い分けるとは・・・Σ(・ω・ノ)ノ!
ホント、センスのいいオシャレさんですね♪

投稿: R | 2010年5月 3日 (月) 00時58分

ほう! 文字の写っておらぬボトルを見るだけで分かるとは…お主もなかなか通よのう…大正解のプラチナムhappy01

香りが蘇り、何かその当時の思い出まで、呼び起こしてくれたでしょう?目を閉じると届くほどに。

現在、使っていらっしゃるフレグランスも、この今に彩りを添えていますよ、きっと。

香りは楽しまないと損、損!
セフォラよ、なぜ潰れてしまったのだ~っ!!! わしゃ、本当に悲しいぞ~っcrying
古いって?

投稿: Hammer | 2010年5月 3日 (月) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/432974/34475247

この記事へのトラックバック一覧です: 香りを纏う楽しさ:

« 鉛筆、買っとこう | トップページ | 詩って… »