« 人は多面体と同じ | トップページ | 良いと思ってみれば? »

忍び足にて春きたり

『ピピピ~っ、ピピピ~っ!』

聞き慣れない、鳥達の鳴き声が聞こえた。

黒服を着た尾の長い弾丸が、滑るように空を切り裂く。

燕っ!!

もうやって来たんだ。

真冬並みの寒い空気に身震いしたの、ほんの数日前。

でも、今年の春は足音を立てずにやって来た。

いつもならば、そう驚く存在ではないが、今年ばかりは勝手が違う。

去年と同じ場所に残る、遺跡のようになった巣の近くでの騒ぎ。

無事に、辿り着いた歓喜の舞をしているかのよう。

その姿をみたのは今朝。

ちょっと早めに用事を済ませて、今日は絶対に散策しよう!

そう決めた。

そうだ、デジカメ持ってでかけよう。

春らしいスナップが、何か撮れるかもしれない。。。

午後2時を少し回った頃、体が空いた。

クロスボディタイプのバッグに、デジカメと小銭入れだけ放り込む。

半袖Tシャツの上に化繊系の軽めのハーフコート羽織る。

ボトムはデニム。

でもって、赤いシューレースのスニーカー履いて外に飛び出す。

気分はもう、『赤い彗星』(笑)。

電光石火の如き、飛び出しである。

散策なんてのじゃなく、超足早となる大股歩き。

手始めに行きたい場所があったから。

自宅から数分歩いたところにある緑地公園。

目に優しい黄緑が増えてきた。

はい、どうぞっ! 新緑です。

002

早足で息を切らせた分、肺いっぱいに新鮮な空気を吸い込む。

黄緑色の新入り葉っぱ達が光合成で濾過してくれた澄んだ空気。

芝生にゴロンと仰向けに寝転がる。

掌を二枚合わせた枕に頭を乗せて、青い天空を見つめる。

それから、目を閉じてみる。

これまた、鳴き慣れていない新参の鴬が、ウブながらも美声で鳴く。

暫く、陽の光の下、空に相手をしてもらう。

むくり。

もっとビビッドな色も探してみよう。

大きな公園を一周して、今度は住宅街へと足を向ける。

『桜』の大将、ソメイヨシノの花はすっかり散ってしまった。

でもね、違った桜色が街を彩ってる。

005

ひと枝に Zoom in!

006  

花の種類には詳しく無いが、こんな花を咲かせてる街路樹も。

004

いつも上を見ながら歩いてるからって、忘れてもらっちゃ困る。

009

そんな主張が聞こえてきそうな花。

007

そして色、様々な色たち。

008

寒くて、コート仕舞うも儘ならなかったけど、もう灰色じゃないね。

空気には冷たさが残っているけど、春が彩りを飾り、その存在を告げてる。

『なんだ、しっかり来てるじゃん!』

今年の春は、まるで内気な子か、いたずらっ子のように、

そっと、

忍び足でやって来た!

|

« 人は多面体と同じ | トップページ | 良いと思ってみれば? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/432974/34386608

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び足にて春きたり:

« 人は多面体と同じ | トップページ | 良いと思ってみれば? »